岡山市北区まき歯科・矯正歯科ブログ

夏になると歯茎が腫れたり歯が痛くなるのはなぜ?

(2017年8月1日更新)


こんにちは。歯科医師の上田です。これから歯科医師の岸本とともに歯についてのブログを書いていこうと思いますのでよろしくお願いします🙇

8月に入り今後も暑い日が続きますね😭 今回は来院してくださる患者さんから、よく「夏になると歯茎が腫れたり歯が痛くなるのはどうしてですか?」と質問されるので、今回はそれについてお答え致します!

 

 

 夏になると外はとても暑いので、部屋の中はクーラーをつけて涼しくしますよね⁉️すると部屋の中の気温と外の気温の差が大きくなって、外出をしたときに身体がダルくなったり風邪を引いたりしませんか❓これは身体の免疫力が落ちてしまったからです😣 このとき口の中にいる細菌は活動が活発に動くようになるのです。そのため歯茎が腫れたり歯が痛くなります❗️

 

 

そんなときは規則正しい食事や十分な睡眠をとって身体を休めてみると免疫力が回復して治ることが多いです。また抗生剤を飲んでも治ることもありますので、気になる方がいらっしゃれば当院にお越しください😁




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<  >

<  >


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る


 
 
▲PageTop